個人再生のデメリットってどう?【自己破産はやめた方がいいワケ】

個人再生のデメリットってどう?【自己破産はやめた方がいいワケ】

個人再生のデメリットってどう?【自己破産はやめた方がいいワケ】

個人再生のデメリット

 

自分だけでは抱えることができなくなった借金をしてしまった場合、踏み倒しを考えたり自殺を考えたりするでしょう。
しかし、法的な手段を使えば借金は楽に整理できてしまうものなのです。
債務整理という手段があるのですが、この債務整理の中に個人再生という手段があります。
この個人再生は数ある債務整理の中でも2001年に始まったばかりの制度であり、借金の元本を大幅にカットして将来利息を0にするものです。
3年間で支払っていくことが条件となりますが、自己破産のようにマイホームや車などを手放さなくても良いことからメリットも多いのです。
また借金の理由がギャンブルなどの浪費であっても利用することができるほか、職業や資格の制限もありません。
逆にデメリットといえば官報やブラックリストに記載されてしまうことです。
信用情報機関に債務整理をしたという情報が載ってしまうので、クレジット会社や貸金業者、銀行など全ての金融機関で融資を受けることができなくなるのがデメリットですが、一定の期間を過ぎれば融資を受けることも可能ですし、情報も最短5年~10年で消されます。
任意整理などと比較してデメリットは多いものの、借金を減額できる幅が大きいのが魅力であるのが個人再生です。
また法律の専門家が委任した時点で催促行為を全て止めることができるので、精神的にも随分楽になるはずです。
もし借金問題に頭を抱えているならば、早期解決のためにも専門家に相談することをおすすめします。

 

個人再生のデメリットってなに

消費者金融の金利については、ローン・キャッシングにそなわる性能それ自体を示しており、近頃はユーザーは比較サイトを活用して、注意深く低金利で借りられるローン会社を比較してから見極めることが普通になっています。
再三にわたって無利息ということで借り入れることができる有難い消費者金融なども実在しますが、気を抜くべきではありません。金利ゼロで借りられる無利息の誘惑に負けて、借り過ぎてしまったのでは何もかも失くしてしまう恐れだってあります。
一週間という期限を守って返済しきれたら、何回でも一週間無利息という他にはないサービスを行っている消費者金融も登場しています。一週間という短さではありますが、返し終わることができる見込みのある方には、魅力的な制度だと言えます。
過去3か月以内に別の消費者金融の審査に落ちてしまった事実があれば、次の審査に無事通るのは相当難しいと思われるので、ほとぼりがさめるのを待つか準備をし直してからにした方が合理的だと思われます。
そこまで認知度のない消費者金融会社だと、弱みを突かれてでたらめな高金利で貸付を実行される場合が多いと聞きますので、即日融資によってお金を借りるのなら、規模の大きな消費者金融業者で借りた方がいいでしょう。
消費者金融会社を一覧に分類してまとめました。即現金を用意しなければならない方、二カ所以上のローン会社での借入金を一カ所に集めたいと計画している方も一度ご覧ください。銀行傘下の金融会社のカードローンも掲載していますのでそちらも参考にしてください。

 

個人再生のデメリットについて

はじめから無担保のローンでありながら、銀行と変わらず低金利をアピールしている消費者金融会社というものがたくさんあります。そのような消費者金融はネットで簡単に探し出せます。
著名な消費者金融業者だと、毎月一定金額のリボ払いなどを活用した際に、年利にすると15%~18%とわりと高い金利水準となっているので、審査基準の甘いキャッシングやカードローン等を上手に利用した方が得です。
より低金利のところへの借り換えローンで、一層金利を低くするのもいい方法だと思います。しかしながら、一番最初に最も低金利の設定になっている消費者金融業者においてお金を貸してもらうことが最良の手段であることは間違いないでしょう。
最近、消費者金融会社というものは巷にどんどん展開されていて、どこを選ぶべきか困ってしまう人がたくさんいると思われるため、インターネット上や雑誌などでランキングという形などの為になる口コミをチェックすることがすぐにできるようになっています。
低い金利のところだと金利負担も少なくなりますが、返済に際して行くのが大変な場所は避けるなど、多くの視点から自分なりに消費者金融の利用について比較が必要な要項があると推察します。

 

個人再生のデメリットを教えて

知名度のあまり高くない消費者金融だと、そこそこローンの審査基準が甘くなるのですが、総量規制により平均年収の3分の1以上の借金がある場合は、その時点で借り入れは出来なくなってしまいます。
お金を借り入れる機関であれこれ迷うのではないかと思いますが、なるべく低金利で貸付を申し込む場合は、今の時代は消費者金融業者も選ぶ項目に組み入れてはどうかと真面目に思います。
無利息期間のうちに返しきることが可能だったら、銀行系の利息の低い融資を利用してお金を得るよりも、消費者金融がやっている無利息サービスを利用して借りる方が有益です。
銀行系列の消費者金融業者は、出来る限り貸付できるような自前のやや低めの審査基準で審査を行うので、銀行カードでのローンを断られた方は、銀行系列の消費者金融会社を試してみるといいでしょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法