個人再生の費用はどれくらい?いくら用意すれば足りますか?

個人再生の費用はどれくらい?いくら用意すれば足りますか?

個人再生の費用はどれくらい?いくら用意すれば足りますか?

個人再生というのは、住宅ローンの残っている住宅はこれまでどおりにローンを支払うことで住宅を守りつつ、そのほかの借金を一部減額してもらって分割で払うことにより、残りの借金の支払いを免除してもらうという手続きです。自己破産に比べて借り入れの理由などについては特に問題視されないため、手続きを進めやすいというのも大きな特徴です。申立てをするときには書類の作成が複雑になりますので、費用はかかりますが弁護士や司法書士といった専門家に手続きを依頼したほうが良いでしょう。
個人再生申立ての費用の相場は、弁護士や司法書士の事務所によって異なります。一般的な相場としては、自己破産よりも手続きが複雑になりますので、30~50万円程度と実費2~3万円と考えておくと良いでしょう。また、個人再生を申し立てたときには、再生委員が選任されることがあります。このときには、再生委員に支払う費用も別途準備しなければならず、こちらは債務の状況などによって決められますのでさらに相場の幅が大きくなっています。規模が小さい手続きの場合には数十万円ですむこともありますが、債権者の数が多かったり、複雑な手続きになることがあらかじめ予測される場合などには100万円を超える費用を用意しなければならないこともあります。また、借入額などによっては自己破産や任意整理のほうが良いケースもありますので、事前に専門家に相談してから方針を決めましょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法